健康を考えたフード

年齢別に考えられたドックフード

私たち人間は年齢で食べ物の好みも変わってきます。

若いころはカロリーの高い味の濃いものがおいしいですよね。
あぶらっこいものも大好きだという人は多いですし、食欲も旺盛です。

男子などは驚くくらいに食べてしまう人も多いですよね。
大人になって落ち着いてくると、好きな食事の内容も変わってきます。
以前まで大好きだったあぶらっこいものは胃もたれの原因になることもありますし、以前までは嫌いだった野菜においしさを感じることだってあります。

年寄りになると、魚や野菜ばかり食べるようになり、お肉の量が減って来ます。
自然とお肉ではなく魚や野菜の方がおいしいと感じるようになるのです。

お酒も弱くなって、以前とは全く違う食事生活を送る人も多いのではないでしょうか。

このように人は年齢によって食べるものが変わってきます。
好みの食べ物はつまり、その頃の体がそれを必要としていると言うことです。

若い時には体をよく動かしますし、カロリー消費も激しいです。
なので、カロリーの高い食べ物が美味しく感じます。
年齢が高くなってくると新陳代謝が悪くなってきて、カロリー消費も落ちてきます。
なので、以前よりもヘルシーな食べ物を美味しいと感じるようになってくるのです。

犬だって人と同じです。
人と同じように子供のころから大人に成長して、そしてお年寄りになっていくのです。
つまり年齢によって、おいしいと思うドッグフードも違ってきますし、必要とする栄養分も変わってくるのです。

ドッグフードは総合栄養食なので、それだけ食べていれば生きていく事ができます。
何歳でも大丈夫なドッグフードもありますし、年齢別になっているものもあります。

総合栄養食なので何歳でも食べれるというのはよく分かりますが、やはり人間のように好みや年齢別で必要な栄養分が変わってくるのですから、年齢別のドッグフードを購入して与える事が大切なのではないでしょうか。

それでこそ、犬の健康管理が完璧にできるのではないかと思われます。
Copyright(C) 様々な種類のフード All Rights Reserved.