健康を考えたフード

キャットフードと同じもの?

ドッグフードは犬のために作られた総合栄養食です。

つまりそれを与えているだけで、生きていくことのできる食べ物なのです。
犬にとっての総合栄養食はドッグフードですが、猫にとっての総合栄養食はキャットフードです。
犬も猫も同じペットなのだから、ドッグフードもキャットフードも同じだと考えている人がいるのではないでしょうか。

ドッグフードとキャットフードは全く別のものです。
犬にキャットフードを与えてはいけませんし、猫にドッグフードを与えるのも良くありません。
お互いに必要としている栄養が違うので、ドッグフードとキャットフードは分けて考えておかなければならないのです。

犬と猫どちらも家にいるという場合、適当に与えている人がいるのではないでしょうか。
犬はなんでも食べてしまうので、キャットフードを食べてしまうこともあります。
猫はグルメなので自分の気に入ったものしか食べませんが、犬はけっこうなんでも食べてしまいますよね。

なので、キャットフードを食べてしまうこともあるでしょう。
多少キャットフードを食べても大丈夫なのですが、毎日ドッグフードの代わりにキャットフードを食べていると、必要な栄養が体に回らなくなってしまうこともあります。
アレルギーを起こしてしまう犬だっているのです。

ドッグフードもキャットフードも同じだと考えている人は、その考えを改めて行く必要があるでしょう。

犬と猫、どちらも違う生き物で、そして必要としている栄養も違います。
犬には犬用のドッグフード、猫には猫用のキャットフードを与えましょう。

そしてせっかく与えるならば、無添加のものを選んでいくと良いのではないでしょうか。
添加物が入っていると、体に悪い影響をおよぼしてしまうこともあります。
無添加ならば、そのような心配がないのでより健康を守っていくことができます。
無添加ドッグフードの人気が高まってきているので、お店でも見つけることができるでしょう。

お店で見つからないような場合は、インターネットショップで購入すると良いのではないでしょうか。
Copyright(C) 様々な種類のフード All Rights Reserved.