健康を考えたフード

無添加で安心のドックフード

私たちはいきていく上で、絶対に食べ物を食べていかなければなりません。
そして年齢によって、好む食べ物は違ってきますし、必要とする栄養も違ってきます。

赤ん坊のころは、お母さんのミルクばかり飲みますよね。
粉ミルクを飲んだり、とりあえず毎日ミルクの状態です。
ミルク以外は飲みません。
赤ちゃんのころはミルクしか飲むことができませんし、それ以外は口にしてはいけないのです。

年齢別のドッグフードも、大きく分けて子犬用、成畏犬用、シニア用になっているものから、2歳まで、6歳から、10歳からと細かくわかれているものまであります。
年齢別のドッグフードを与えることは大切なのです。

さらに無添加のドッグフードにも注目していくと良いのではないでしょうか。
最近私たちは無添加という言葉にとても敏感になっています。

スーパーで買い物していても無添加という文字をよく見かけるようになりましたし、レストランでメニューを見ていても無添加と書かれていることが多いです。
無添加の食材はそれだけ体に良いと考えられています。

特にドッグフードの場合、すごく有害だと考えられている添加物も入っているので、無添加でなければ健康に悪い場合も多いのです。
ドッグフードは総合栄養食ですが、同時に添加物のせいで身体に毒をため込んでしまうこともあります。

有名なメーカーのドッグフードだから大丈夫、テレビコマーシャルしていたドッグフードだから大丈夫、このように安心していてはいけません。
ドッグフードのパッケージを見てどのような添加物が入っているのか確認しておきましょう。
添加物の量が凄いので、驚いてしまうかもしれません。

犬の健康のためには年齢別を考えることも大切ですが、無添加のドッグフードを与えることも大切なのではないでしょうか。
無添加でさらに年齢別のドッグフードならば、とても健康的だと考えることができます。

最近では無添加ドッグフードの人気が高まってきていますし、いろいろなメーカーが無添加ドッグフードを作るようになってきています。

少し値段はしてしまいますが、それでもやはり無添加ドッグフードが良いのではないでしょうか。
Copyright(C) 様々な種類のフード All Rights Reserved.