健康を考えたフード

天然由来成分で安心

市販のドッグフードを犬に与えている人は多いことでしょう。
市販の部分とならば安心だという考えが多くの飼い主の中にあると思われます。

しかし本当に安心なのでしょうか。
本当に安全なのでしょうか。
日本では、犬のドッグフードに対しての規制が何一つありません。
なので人間の食べることもできない食べ物でも、犬には与えて良いということになっているのです。

ドッグフードの中には、いろいろな成分が入っています。
ドッグフードがいたんでしまわないように防腐剤が入っていますし、虫がよってこないように防虫剤が入っている場合もあります。

いろいろな添加物が入っていることでドッグフードの保管期間も長くなるのですが、そのせいで犬の体に悪いと思われるものが沢山入ることとなります。
発癌性物質が含まれていると考えられるような成分を使われていて、それを毎日食べさせていることになるのです。
酸化防止剤や保存料、香料、染料…人に使うことはできなくてもドッグフードには入れることができます。
なので、それらをふんだんに使っているドッグフードもあるのです。

大手メーカーのドッグフードだから安心というわけではありません。
大手メーカーのドッグフードでも、それらの危ない保存料などが沢山入っている場合があるのです。
ドッグフードのパッケージを見て、どのような添加物が入っているのか見ることが大切です。

犬の体のことを本気で考えているのであれば、天然由来成分の無添加のドッグフードを与える必要があるのではないでしょうか。
ドッグフードに使われている添加物は発癌性物質を含んでいたり、その他体に悪いと言われているものが沢山あります。
子供のころからそれをずっと食べさせることで、ずっと体に悪いものが蓄積されることになってしまいます。
犬は飼い主の与えたものを盲目的に食べます。

それは飼い主を全面的に信頼しているからです。
それなのに、危ないドッグフードを与えているなんて、本当に酷ですよね。

無添加のドッグフードならば、安心して与えていくことができます。
天然由来成分のドッグフードは最近人気が上がってきているので、お店でもうられるようになってきています。
Copyright(C) 様々な種類のフード All Rights Reserved.