健康を考えたフード

手作りドックフードのポイント

今無添加のドッグフードの人気が上がってきています。
無添加のドッグフードを購入する飼い主が増えてきているのです。

添加物の入っているドッグフードは、正直言って怖いですよね。
発癌性物質も含まれていると言われているのですから、そんなものを毎日大切な犬に与えるなんて辛いことです。

だからこそ無添加のドッグフードの人気が上がってきていて、その良さが認識されるようになってきたのです。
無添加のドッグフードは普通のドッグフードに比べて値段は高いのですが、健康を手に入れることができるのであればお金に変えられるものではありませんよね。

それに、高いと言ってもドッグフードの値段なのですが、十分に購入できる値段です。
まとめて購入すると安くなったり、卸価格で購入できるキャンペーンなどもあるので、それらを利用して購入すると、よりお得に無添加ドッグフードを手に入れることができます。

無添加ドッグフードを作っている飼い主も増えてきていると言うことです。
市販で販売されているようなドッグフードとはまた違うのですが、自分たちでもドッグフードを作っていくことはできるのです。
自分でドッグフードを作ってそれを与えるならば、それが一番安全なのではないでしょうか。
ではドッグフードを手作りする時、どうすれば良いのでしょう。

どのようなポイントがあるのか、ポイントを押さえておくことでうまくドッグフードを作り上げることができます。

まず犬に与えてはいけない食べ物は絶対に使ってはいけません。
たまねぎ、ねぎ、にんにく、チョコレート、カカオ、カフェインなど人間は問題なくても犬には大問題の食材が沢山あります。
それらを沢山与えてしまうと中毒症状を起こしてしまい、最悪の場合は死んでしまうこともあります。
手作りドッグフードを作るときには、与えてはいけない食材を頭に入れておきましょう。

水分を沢山入れて作っていくと、食事の中で水分補給させる事ができます。

手作りドッグフードの素材は、できるだけ小さく切るようにしましょう。
小さく切ることで、ドッグフードらしさが出ますし、野菜などあまり好きではないような食材でも、ほかのものと一緒に食べてくれます。
Copyright(C) 様々な種類のフード All Rights Reserved.