健康を考えたフード

おやつは食事にカウントしても良い?

犬はとても食いしん坊です。

ドッグフードだけではなく、おやつを与えていると言う人も多いでしょう。
おやつは、食事として考えれば良いのでしょうか。
それとも、食事とは別で考えれば良いのでしょうか。

結果からいうと、おやつはやはり食事として考えてはいけません。
人間も、おやつはおやつですよね。
おやつを食事として考えることはありません。
それと一緒で犬も、やはりおやつはおやつとして区別して与えるべきなのです。

ドッグフードは総合栄養食品として、それと水だけで生命維持できると言われているすぐれものです。
おやつは、そうではありません。

総合栄養食とは全然違い、かなり偏った栄養になります。
おやつの内容にもよりますが、やはり総合栄養食とは全然違うということを頭に入れておかなければなりません。

おやつを食事にカウントしてしまうと、食事の量が減ってしまいますよね。
そうなると1日2必要な栄養部も減ってしまうことになるのです。

犬におやつを与えるのであれば、無添加のおやつが良いのではないでしょうか。
無添加のドッグフードの人気が高まってきていますが、それと同時に無添加のおやつの人気も高まってきているのです。
添加物の入っていないおやつならば、体にも悪い影響を与えることはありません。

また飼い主がおやつを作ることも最近では増えてきていると言うことです。
ドッグフードを作る飼い主も多いということで、やはり自分たちで作ることにより飼い主も安心することができるのでしょう。
手作りのドッグフードやおやつならば、犬にも愛情が伝わりますよね。
犬の好みに合わせて、よく食べてくれるものを作っていくことができます。

ドッグフードとおやつは別々のものとして考えなければなりませんが、犬はおやつが大好きなのでストレス解消のためにも与えてあげるようにしましょう。

人もおやつを食べることで楽しい時間を過ごすことができますし、ストレス解消ができますよね。
犬だって同じなのですから、おやつの時間を作って一緒に楽しんでみてはどうでしょうか。
Copyright(C) 様々な種類のフード All Rights Reserved.