健康を考えたフード

犬の味覚は人間と違う?

人間の食べているものを犬はほしがりますよね。
それを見ていると、犬の味覚は人間と同じなのだと感じてしまいます。

しかし実際には、犬の味覚と人間の味覚は違っています。
例えば、人はかんきつ系の果物がすごく好きですが、犬は嫌いですよね。

犬はドッグフードが大好きですが、人間にしてみればとても食べられたものではありません。
このように実は、犬と人間の味覚は違っているのです。

 まず犬と人間は、構造が違っていると言われています。
なので、味の感じ方も違うのです。
舌にある細胞の種類が違うので、人にはわかる味でも犬にはわからなかったりします。
犬は雑食の動物です。

比較的いろいろな味が分かると言われています。
しかし、塩味には鈍感だと言われています。
鈍感だからこそ、人間の濃い塩味の食べ物でも平気で食べてしまうのかもしれません。

人間と犬の味覚は違うのですから、おいしいと思って人の食事を犬に与えない方が良いでしょう。

実際人の食事を喜んで食べてしまう犬も多いですが、人間と同じように美味しいと感じているかは分かりません。
それに塩分をよくわかっていないのですから、ちょっと怖いですよね。

人の食べ物は犬にとって、毒になってしまうこともあります。
食べてはいけない食べ物もあり、それを沢山与えてしまうと中毒になって、最悪の場合命を落としてしまうことだってあるのです。
なので、むやみに人間の食べ物を与えることは、とても危険なことなのです。

犬の事を思うのであれば、やはりドッグフードを与えているのが一番ではないでしょうか。
無添加のドッグフードならば添加物の入っていないので、危険な要素が一切ありません。

体に良いものばかりが入っている、それが無添加のドッグフードなのです。
無添加のドッグフードを与えることで、犬を長生きさせることができるのではないでしょうか。

動物病院に定期的に通って健康診断しながら、さらに無添加のドッグフードを与えて、かわいがってあげる、これだけで十分に寿命を全うすることができるはずです。
Copyright(C) 様々な種類のフード All Rights Reserved.