健康を考えたフード

輸入品のドックフードの注意点

わんちゃんが下痢で悩んでいる場合は、ドッグフードに注意してみましょう。

そのドッグフードは安全ですか?
添加物の入っているドッグフードは発ガン性もあり、とても危険だといわれています。
ずっと食べ続けるものなのですから、危険なものを与えていてはいけません。

無添加のドッグフードならば添加物もなく安心して犬に食べさせることが出来るので、体調が悪いと思うのであれば無添加のドックフードを試してみてもよいのではないでしょうか。

また、犬のアレルギーも最近では増えています。
人間の子供たちもアレルギーが増えているといわれていますが、環境の影響だと考えられています。
人間社会だけではなく、ペット社会でもまたおなじ問題が起きているので、犬の調子が悪いときはアレルギー検査してみましょう。
ドッグフードに問題があるかもしれません。
アレルギーがわかれば、対処の方法もありますよね。

海外からの平行輸入ドッグフードにも注意が必要です。
平行輸入ドッグフードのせいで、下痢をする犬が増えていて嘔吐することもあるといいます。
体調を長期的に崩してしまう場合もあり、とても気をつける必要のある問題なのです。

正規輸入のドッグフードのパッケージには、日本語ですべて表示がしてあります。
なのでどのような食材が使われているか添加物が入っているか、一目瞭然です。

しかし平行輸入のドッグフードは外国語ばかりで、日本語では書かれていません。
そのせいで、添加物が何かわからないですし食材もわかりません。

平行輸入のドッグフードは酸化しているものが多いので、与えないほうが良いです。
保管状態が悪いとドッグフードは酸化してしまいます。

賞味期限がきていなくても、いたんでしまうのです。
輸入時、状態が悪ければ酸化してしまい、身体に悪いものとなってしまいます。

少し気をつけるだけで、良いドッグフードを与えることができます。

犬の健康管理は飼い主の責任なのですから、きちんと良いドッグフードを選ぶようにしましょう。
Copyright(C) 様々な種類のフード All Rights Reserved.